ドラゴンクエストⅦ

ゲーム

ドラゴンクエストⅦ

ドラクエファン大集合!!
さて今回は、「ドラゴンクエストⅦ」をご紹介しちゃいます。小説も出るくらい人気でした。
それでは、ごゆっくりどうぞ!!

ドラゴンクエストシリーズの第7作。移植作品を除けば、同シリーズのナンバリングタイトルで初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発・発売された作品である。開発はハートビート、アルテピアッツァが担当した。日本のプレイステーション用ソフト歴代出荷本数第1位である。キャッチコピーは「人は誰かになれる」。3DS版のキャッチコピーは「希望のかけらをもとめて」。
たった一つの島だけしか陸地が存在しないという世界が舞台となり、その島に住む主人公たちが、とあるきっかけから遺跡に潜り込んで不思議な石版のかけらを発見し、この石版のかけらを集めることによって見知らぬ土地に移動し冒険をしていくという物語である。ストーリーはほかのドラゴンクエスト作品と比べると長く、シナリオはA4サイズの文書16,000ページ分に及んだ[3]。スタート時に島が一つだけという設定となったのは、過去の作品で世界が肥大化してきていたので本作は一つの島で物語を始めようという堀井の発想によるものである[4]。
従来作品はタイトルロゴに数字が重なっていた(FC版の『III』を除く)が、この作品から、ロゴの下に数字が表示されるようになり、また、サブタイトルも一緒に表示されるようになった。この作品以降数字が重なった作品はGBC版『III』とPS版『IV』のみである。
対象ハードがプレイステーションになったのに伴い、グラフィックにはナンバリングタイトルで初の3Dポリゴンが採用された。また、ストーリー中の何か所かにはムービーが挿入されている。モンスター図鑑、モンスターパークといったコレクションシステムや、多数のモンスター職が登場したことなどにより、やり込み要素も多くなっている。
本作のキャラクターデザインの特徴として、頭身が小さくなり、彩色がアナログ調からCG塗りに変更されるなど、従来の『ドラゴンクエストIV』『V』『VI』とは趣の異なったものとなっている。
発売後には、本作を基にした漫画『ドラゴンクエスト エデンの戦士たち』(藤原カムイ作)が『月刊少年ガンガン』で連載されたほか、小説化も行われている(小説ドラゴンクエスト参照)。2003年には、本作の登場人物「キーファ」の幼年時代を描いたスピンオフ作品として『ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート』がゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された。

DQ7 エデンの戦士たち!

実況プレイ!!

主人公の町!!

エスタード島の謎!

プロモーション映像!

見てるだけで面白い!!

プレイ動画です!

オルゴ、デミーラ戦!

DQ7動画!

実況プレイ!!

小3の弟が?

小説版ドラクエⅦを読んでいます。

その後は・・・

『ドラゴンクエストミュージアム』に行ってきました。

オルゴさんはモンスターズ初見だったから・・・

ドラクエⅦで見た時ビックリ!!

ドラクエⅦ 龍が如く!!

スパロボIMPACT !

ドラクエⅦくっそやりてええええ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ